第5回 かけあわせでレアになるには?〜1万時間の法則を学ぶ。

今回は、元リクルート藤原和博さんが唱えている「レアカードになる方法」を参考に、マルティプライド戦略に必要な考え方を紹介します。

ビジネスでは、「1万時間の法則」ということがよく言われています。

これは何かと言うと、一つのことに1万時間取り組めば、誰でも「100人に1人」の人材にはなれるというものです。

1万時間というのは、1日6時間取り組んだと考えて約5年です。言い換えれば、5年間ほど一つの仕事を集中してやり続ければ、その分野に長けた専門家と言える強みであり、100人に1人の存在になれるというわけです。

そこから掛け合わせることで自分の価値を高めていく。そんなお話をします。

<質問は公式Line@で募集しております:@lhs7135s >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です