第20回 なぜ「いしかわごう」の名前は平仮名なのか。

今回は、いしかわごう流の企画術を明かしています。

わたくし・いしかわごうは、書籍を出版したり、テレビ企画を考えたり、サッカーと将棋のコラボグッズをプロデュースしたり、イベントやセミナーを開催したり・・・と、ライティング業以外にも様々なコンテンツ作りを展開しています。

企画術にはいろいろなポイントがありますが、意外と見落とされがちなのが、「まずはチャンスを掴まなくてはいけない」というポイントです。そのためには、どうすれば良いのか。

そのためにヒントとして、「10円玉理論」や「エッセンス抽出法」といった、いしかわごう流の企画術を語っています。

僕の名前を「ひらがな」にしていることにも、ちゃんと理由があるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です